/

この記事は会員限定です

馬雲氏、姿消し2カ月 広がる臆測

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国ネット大手、アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が公の場から姿を消して2カ月以上が経過している。2020年10月下旬に開かれた上海市の講演が表舞台に現れた最後とみられる。中国当局はアリババや傘下の金融会社アント・グループに対しての圧力を強めており、馬氏の動静を巡っては様々な臆測も取り沙汰されている。

20年12月初め、浙江省杭州市にあるバーのステージ上に馬氏の姿はあっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン