/

東京五輪開催「科学に基づき判断を」 バイデン大統領

バイデン大統領は科学を重視しなければならないとの考えを示した=ロイター

バイデン米大統領は7日、ラジオ局の番組に出演し、今夏に予定する東京五輪・パラリンピック開催について「科学に基づいて判断すべきだ」と語った。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、客観的なデータをもとに開催可否を判断すべきだとの考えを示した。

バイデン氏が就任後、五輪開催判断について言及するのは初めて。五輪について菅義偉首相と話したと明らかにしたうえで「彼は安全に開催できるように努力している」と指摘。「開催可能だと願っているが、まだわからない」と述べた。

バイデン氏は「4年間たった1度のチャンスのために努力してきた選手が機会を失えばどれほど失望するだろうか」と選手の心情に配慮しつつも「我々は科学を重視する政権で、他国もそうだろうと思う」と強調した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン