/

この記事は会員限定です

ウクライナ危機、仲介外交も並行 トルコ・仏など

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子】ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか、トルコやフランス、イスラエルなどが仲介外交に乗り出している。市民の犠牲者が増加しており、人道危機を止めることが最大の目的だが、それぞれの国が影響力を誇示したいとの思惑も透ける。ロシアは一貫して強硬姿勢を崩しておらず、実を結ぶかは見通せない。

ロシアのラブロフ外相とウクライナのクレバ外相、トルコのチャブシオール外相は10日、同国南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン