/

インドネシアの過激派創設者が出所 バリ島爆弾テロ関与

 8日、インドネシア・ボゴールの刑務所から出て車に乗るアブ・バカル・バシル氏=AP

【ジャカルタ=共同】東南アジアのイスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)創設者のアブ・バカル・バシル受刑者(82)が8日朝、刑期満了のため、インドネシアの首都ジャカルタ南方ボゴール県の刑務所を出所した。高齢で体調を崩すことも多いが、国家テロ対策庁は一定の影響力を保持しているとみて、動向を注視していく方針。

白装束を着たバシル氏は家族に付き添われて出所。ジャワ島中部の主要都市ソロ(スラカルタ)南方にある自宅に向かった。バシル氏は反テロ法違反の罪で禁錮15年の判決を受けていた。

JIは、日本人2人を含む202人が死亡した2002年のバリ島爆弾テロなどを実行。バシル氏は16年1月のジャカルタ連続爆弾テロや、18年5月にジャワ島スラバヤ一帯で起きた連続自爆テロの実行犯らに影響を与えたとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン