/

この記事は会員限定です

故・李御寧さん(元韓国文化相) 「韓流の源泉」築いた知識人

追想録

[有料会員限定]

ソウル大学国語国文学科在学中に文芸評論家として文壇の注目を集めた。20代後半でソウル新聞の論説委員に抜てきされ、中央日報や朝鮮日報など大手紙で筆を振るった。文壇誌「文学思想」を創刊するとともに生涯で60冊を超える著書を残し、「現代韓国最高の知性」と称された。

最も有名な著書は1982年に東京大学の客員研究員時代に日本語で執筆した「『縮み』志向の日本人」。俳句や盆栽、折り詰め弁当、工業製品に至るま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

著名人のありし日を偲ぶコラム「追想録」の記事サイトです。故人の人となりや業績、逸話などを経験豊富な日経の編集委員や記者が振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン