/

この記事は会員限定です

中国、「人民に奉仕」で資本選別

一目均衡 上海支局 土居倫之

[有料会員限定]

株式市場がソフトバンクグループとアリババ集団の関係に敏感になっている。今月上旬にはSBGのアリババ株売却に絡む思惑から、アリババ株が急落し、翌日の決算記者会見で孫正義会長兼社長が大規模売却を否定する場面があった。背景にあるのは中国の習近平(シー・ジンピン)指導部の資本、特に外国資本に対する厳しい視線だ。

「資本に信号機を設ける」。習氏は2021年12月に開いた経済政策の重要会議、中央経済工作会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン