/

台湾の輸出額最高に 20年、コロナで半導体需要増

台湾の輸出額は、iPhone向けの半導体などがけん引し、過去最高額となった(2020年12月、台北市)

【台北=中村裕】台湾の輸出が大きく伸びている。財政部(財政省)は8日、2020年の輸出額が通年で過去最高となり、19年比4.9%増の3452億㌦(約36兆円)だったと発表した。直近12月の輸出額も単月として過去最高を記録。新型コロナウイルスの影響で在宅用のデジタル機器の需要が増え、半導体の輸出が大きく伸びた。

20年は世界中でテレワークが進み、パソコンやタブレットの需要が膨らんだほか、新型iPhone12、新型の家庭用ゲーム機「Xbox」や「プレイステーション5(PS5)」も相次ぎ発売され、関連の半導体の輸出が大きく増えた。台湾の輸出全体の約35%を半導体が占めた。

輸出先を見ると、中国大陸(香港含む)向けが最も多く1514億㌦で、全体の44%を占めた。中台の政治的関係は冷え込んだが、依然として経済面での結びつきは強い。通年で過去最高の輸出額となった。米国の制裁下にある中国・華為技術(ファーウェイ)からの半導体の注文が、9月の制裁前までは大きく増え続け、輸出増に寄与した。米国向け、日本向けも、通年で過去最高となった。

台湾の輸出は足元でも好調だ。12月の輸出は、前年同月比12%増の330億㌦(約3兆4300億円)と、6カ月連続で前年実績を上回った。

財政部の蔡美娜・統計処長は8日の記者会見で「新型コロナが世界中で再び拡大したため、在宅需要が増えており、1月はさらに台湾からの輸出が拡大する。前年同月比で19~23%増になるだろう」と予測した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン