/

この記事は会員限定です

「女性家族省は廃止」韓国大統領候補が広げた波紋

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

韓国の保守系大統領候補が女性政策を担当する「女性家族省」の廃止を公約に掲げ、政界に波紋を広げている。韓国では男性への逆差別を訴える「イデナム」(20代男性の略語)の存在感が高まっており、革新系与党は「イデナムの怒りを政略的に利用している」と猛反発している。

「大統領になったら女性家族省を廃止します」――。発端は6日、保守系野党「国民の力」の大統領候補、劉承旼(ユ・スンミン)議員がフェイスブックに掲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン