/

中国BYD、EV全車種に新型電池搭載

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
中国BYDは今後EV全てに自社開発した新型電池を搭載する(7日、重慶市での発表会)

【重慶=川上尚志】中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)は7日、自社のEV全車種に独自開発した新型電池を搭載すると発表した。性能や安全性を高めたのが特徴で、これまでは一部車種だけで導入していた。同日発売したEV4車種で搭載するほか、既存の車種も順次、電池を新型に切り替えていく。自社電池の性能をアピールし、外部への供給拡大も目指す。

BYDはグループの電池事業子会社「弗迪電池」が開発した車載用リチウムイオン電池「刀片電池」の採用を広げる。刀片電池はリン酸鉄リチウムという材料を使い、従来型の電池に比べ小型化しつつ航続距離も最大600キロメートル程度まで高められるという。

BYDはこの刀片電池を自社のEVで全面的に採用していくほか、外部への供給も進める。すでに中国の国有自動車大手、中国第一汽車集団の主力車「紅旗」向けに納品を始めた。同日に内陸の重慶市で開いた発表会で王伝福董事長は「(中国内外の)あらゆる自動車メーカーと刀片電池(の供給)について提携を交渉中だ」と明らかにした。

発表会では50㌧近い重さのトラックで同電池を踏んでも壊れずに使えるとする動画を紹介。王董事長は「電池の安全性を確保できなければEVは商品として信頼されない」と語り、安全性をアピールした。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン