/

この記事は会員限定です

「脱炭素、日本の遅れが世界に影響」豪NGO代表

マーケット・フォース代表 ジュリアン・ヴィンセント氏

[有料会員限定]

オーストラリアが拠点の非政府組織(NGO)、マーケット・フォースは3月、住友商事と三菱UFJフィナンシャル・グループに対し、気候変動に関する戦略策定や情報開示を求める株主提案を出した。

日本は世界の多くの地域より、気候変動に対する動きが遅れていると言わざるをえない。米国では気候変動に対して懐疑的だったトランプ前大統領の時代でさえ、産業界を中心に脱石炭の動きが進んだ。

日本で問題なのは商社や金融機関だけでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン