/

この記事は会員限定です

豪州、新法で自治体と外国の協定阻止 中国の影響力警戒

極超音速兵器を米と共同開発

(更新) [有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアが中国への対抗姿勢を強めている。豪議会は8日、地方自治体が外国政府と結んだ協定を外相が破棄できると定めた法案を可決した。12月はじめには米国と連携して極超音速兵器を開発する方針も発表した。いずれも中国の影響力を警戒した措置だ。豪中関係は一段と悪化する可能性がある。

豪議会が可決した外国関係法案は、州や準州などの地方自治体、大学が外国政府と個別に結んだ協定について、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン