/

この記事は会員限定です

中国、台湾周辺で軍事行動強める 米欧日の連携に反発

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【北京=羽田野主、台北=中村裕】台湾問題に関して中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が米欧日などに反発姿勢を強めている。各国が連携して台湾への関与をみせる動きにいらだち、台湾周辺で軍事行動をくり返すなど、台湾や南シナ海を含む「核心的利益」で譲らぬ姿勢を誇示している。7月の共産党創立100年を控え、応酬がエスカレートするとの見方もある。

「米国は台湾問題が高度に敏感であることを十分に認識し、一線を越える火遊びのような間違った危険なやり方をやめるべきだ」。中国外務省の趙立堅副報道局長は8日の記者会見でこう発言した。

趙副報道局長が批判したのは、積極化する米国の軍事的な関与だ。米海軍第7艦隊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン