/

この記事は会員限定です

米国連大使、非加盟の台湾訪問へ 中国の反発必至

[有料会員限定]

【台北=中村裕】米国のポンペオ国務長官は6日、クラフト米国連大使が近く台湾を訪問するとの声明を発表した。1971年に中国が国連に加盟し、台湾は国連を脱退した。国連非加盟の台湾に米国連大使が訪問するのは初めてで、異例のことになる。中国は強く反発した。

クラフト国連大使は、トランプ大統領が指名した。20日に就任を控えるバイデン次期大統領は既に、次期国連大使にリンダ・トーマスグリーンフィールド氏を起用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン