/

韓国SK、米燃料電池企業に出資 1500億円で9.9%取得

【ソウル=細川幸太郎】韓国SKグループは7日、米燃料電池メーカーのプラグパワーに資本参加すると発表した。3月末までに同社株の9.9%を1兆6000億ウォン(約1500億円)で取得する。SKはプラグパワーが持つ燃料電池や液化水素プラント、水素ステーションなどの生産・建設ノウハウを取り込み、韓国内外で燃料電池関連ビジネスを広げる。

SKグループは水素社会を見越した陣営づくりに動く(米プラグパワーの水素タンク)

プラグパワーは1997年設立の米ナスダックに上場する燃料電池メーカー。水素エネルギーの多方面への活用を進めるテクノロジー企業で、米アマゾン・ドット・コムや米ウォルマートなどにも燃料電池フォークリフトを供給する。日本企業ではホンダクボタなどとも協業している。

SKの持ち株会社と、子会社でエネルギー事業を手掛けるSKE&Sが8000億ウォンずつ出資する。SKは国内での水素燃料の生産や保存、供給のエコシステムを構築するビジネスモデルを検討しており、プラグパワーの技術や経営モデルを吸収して新事業を推進する。まずは韓国内でビジネスモデルを確立し、アジア地域にも拡大していく計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン