/

米国務副長官、8日から訪韓へ

(更新)
オンラインで結んで実施した日米財界人会議で、発言する米国のビーガン国務副長官(10月)=共同

【ワシントン、ソウル=共同】米国務省は6日、ビーガン国務副長官が8~11日の日程で韓国・ソウルを訪問すると発表した。北朝鮮情勢を含むインド太平洋地域の安定に向けた両国間の連携強化について協議する。

韓国外務省も7日、ビーガン氏の訪韓を発表した。9日に崔鍾建第1次官と会談。李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長とも会談し、朝鮮半島の非核化問題などを協議するとしている。康京和外相との夕食会も11日に予定されている。

韓国統一省は7日、李仁栄統一相もビーガン氏と会談すると明らかにした。

ビーガン氏は米国の北朝鮮担当特別代表も兼務している。1日には日本外務省の秋葉剛男事務次官と北朝鮮情勢などについて電話会談した。

崔第1次官は10月、ビーガン氏と電話会談し、年内の訪韓を要請していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン