/

この記事は会員限定です

中国、軍司令官ら刷新 対米・アフガン有事に備え

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は6日、軍階級で最高位の上将の任命式を開いた。アフガニスタンとの国境沿いを管轄する西部戦区や海・空軍の司令官など人民解放軍の体制を刷新し、米中関係の悪化に伴う有事に備える姿勢を鮮明にした。

上将の任命式は通例年1回。今回は7月に続く異例の2度目となり、5人の司令官らを上将にした。

最も注目を集めるのが西部戦区司令官に就いた汪海江氏だ。汪氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン