/

中国外貨準備、4月9兆円減 5年5カ月ぶり減少幅

【北京=川手伊織】中国人民銀行(中央銀行)は7日、2022年4月末の外貨準備が前月末より683億ドル(約8兆9000億円)少ない3兆1197億ドルだったと発表した。減少幅は16年11月以来、5年5カ月ぶりの大きさだ。米国の金融引き締めでドルが上昇し、ドル換算の評価額が下がった。中国経済の失速で資本が流出した可能性もある。

外貨準備高の減少は4カ月連続だ。17年1月まで7カ月連続で減少して以来の長さとなる。残高の水準は20年6月以来の低さだ。

ドル高が一因だ。米連邦準備理事会(FRB)によると、4月29日時点のドルの主要通貨に対する指数は3月末より4.7%上がった。中国は外貨準備でドル建て以外にユーロ建てや円建ての債券を多めに保有しているとみられる。ドル高が進むと、ドル換算の評価額は下がる。

もう一つは海外マネーの流出だ。新型コロナウイルスを徹底して封じ込める中国政府の「ゼロコロナ規制」で物流が混乱し、経済が失速している。人民元の対ドル相場は4月下旬に4%下落した。資本の流出も外貨準備の減少につながった可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン