/

この記事は会員限定です

200年ぶりの米議会「攻撃」 トランプ支持者乱入 

(更新) [有料会員限定]

バイデン米次期大統領の選出に反対するトランプ大統領の支持者は6日、米連邦議会の議事堂に乱入して約3時間にわたり占拠した。連邦議会議事堂が攻撃を受けるのは、米英戦争のさなかに英軍が火を放った1814年以来、約200年ぶりの事態だ。民主主義を旗印にする超大国の中枢が脅威にさらされた。

囲いを破って議事堂内に乱入した支持者を制圧するため、警察は銃や催涙ガスを用い、警察によると乱入に伴って計4人が死亡した。パイプ爆弾や不審物も議事堂内で見つかった。周辺の州からは州兵が派遣されて暴徒化したデモ隊の排除にあたった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン