/

中国輸出、4月3.9%増に急減速 上海の都市封鎖響く

think!多様な観点からニュースを考える

【北京=川手伊織】中国税関総署が9日発表した2022年4月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同月比3.9%増の2736億ドル(約36兆円)だった。20年6月以来の低い伸びとなった。最大経済都市の上海市が新型コロナウイルスへの対応で都市封鎖(ロックダウン)に追い込まれ、物流が混乱した影響が出た。輸入は3月と同様、前年同月比横ばいにとどまった。

輸出を品目別にみると、パソコンなどが5%減った。3月まで1割前後伸びていたが、失速した。ウイルスを徹底して抑え込む中国政府の「ゼロコロナ規制」で、サプライチェーン(供給網)が乱れ、生産や出荷に支障が出た可能性がある。

3月に0.1%の減少に転じた輸入は4月は前年同月比横ばいの2225億ドルだった。輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は511億ドルだった。輸出が増えて輸入が横ばいだったため、黒字額は拡大した。

4月のロシアとの貿易は輸出が3割近く減少したが、輸入は6割近く増えた。輸出は米欧などの経済制裁の影響が出た可能性がある。輸入は価格が高騰する原油の調達額が伸びたとみられる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン