/

サムスン、部門トップを刷新 スマホと家電を一体管理

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子は7日、主要部門ごとに3人いる最高経営責任者(CEO)を全員交代したと発表した。スマートフォン事業と家電事業を統合し、製品とデバイスの2部門体制としてCEOを2人に減らした。組織改編とトップ刷新で新事業創出を目指す。

人事と組織改編は7日付。サムスン売上高の6割を占めるスマホと家電を統括する製品部門CEOには、テレビ事業を担当していた韓宗熙(ハン・ジョンヒ、59)氏を充てる。半導体とディスプレーのデバイス部門CEOには半導体メモリー事業を率いてきた慶桂顕(ギョン・ゲヒョン、58)氏が就く。

サムスンは創業者の孫にあたる李在鎔(イ・ジェヨン、53)副会長が経営トップを担いながらも各部門CEOに権限を委譲してきた経緯がある。これまでのCEO3人の経営体制で4年が経過し、人事を刷新して新たな経営方針を打ち出す。

デバイス部門CEOだった金奇南(キム・ギナム、63)氏はサムスン電子総合技術院の会長に就いた。スマホ部門の高東真(コ・ドンジン、60)氏と家電部門の金炫奭(キム・ヒョンソク、60)氏は顧問に就いた。

スマホと家電の主力2部門を統合したのは、自社製品を連結させて新サービスを生み出す狙いがあるためだ。サムスンは「製品・サービス間の相乗効果を生み出す」としており、スマホやテレビなど世界トップシェアの製品群を抱えるハードウエアの強みを生かして既存顧客の囲い込みを急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン