/

この記事は会員限定です

米議会乱入「衝撃的な光景」、各国指導者が懸念表明

(更新) [有料会員限定]

米連邦議会の議事堂内に6日、バイデン次期大統領の選出に反対するトランプ大統領の支持者が乱入したことを受け、欧州など各国・地域にも衝撃が広がった。

欧州連合(EU)のミシェル大統領は自身のツイッターに「米議会は民主主義の殿堂だ。ワシントンで今夜目撃された光景はショックだ」と投稿した。スペインのサンチェス首相は「キャピトル・ヒル(米議会)から送られてくるニュースを懸念とともに追っている」とコメントを寄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン