/

この記事は会員限定です

中国ユニコーンに選別の波 ロヨル、大手切り崩せず苦戦

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】大手の牙城を切り崩せず苦戦する中国のハイテク新興企業が増えている。同国有数のユニコーン(企業価値10億㌦以上の未上場企業)で、パネルを折り畳めるスマートフォンを世界で初めて商品化した柔宇科技(ロヨル)が代表例で、予定していた新規株式公開(IPO)計画も撤回した。中国発ユニコーンが続々登場してからわずか数年で淘汰の波が迫ってきた。

「政府は積極的にロヨルの資金不足を助け、戦略投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン