/

この記事は会員限定です

中国、産業補助金が20年最高 上場企業向け3.6兆円

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【上海=張勇祥】中国の上場企業に対する産業補助金は2020年に2136億元(約3兆6000億円)と前年比14%増え、過去最高となった。半導体や軍需の伸びが目立ち、米国との対立長期化に備えた動きが鮮明だ。米国でも中国に対抗するため補助金制度を新設する動きがあり、公正な競争環境を巡る議論が高まりそうだ。

情報会社Windが保有する上場企業の決算データをもとに、日本経済新聞が集計した。まず指摘できるのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン