/

この記事は会員限定です

サムスン、次世代TVに悩む 「液晶後」巡り不協和音も

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が次世代テレビの戦略を絞りきれないでいる。「液晶の次」として期待した有機ELテレビではライバルのLG電子が先行し、有機ELを改良した独自技術「量子ドット(QD)ディスプレー」を巡っては事業部間の不協和音も聞こえる。テレビ世界首位のサムスンの悩みは、液晶の時代が当面続くことを暗示しているようだ。

新型QD、年内にも量産

7月29日、サムスンの決算発表後の電話会見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン