/

この記事は会員限定です

北京市当局、セブンイレブンに罰金 地図の記載巡り

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の北京市当局が、北京市内のコンビニエンスストア「セブンイレブン」を運営する企業に対して、15万元(約270万円)の罰金などを命じたことが6日、明らかになった。当局によると、中国での公式サイトの地図で南シナ海の島しょや釣魚島(尖閣諸島の中国名)の記載に漏れがあったほか、台湾を独立した国家として表示した誤りがあったとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン