/

ミャンマー国軍、スーチー氏ら減刑 禁錮2年に短縮

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーの国軍幹部は6日夜、クーデターで拘束した民主化指導者アウンサンスーチー氏に禁錮4年の判決が言い渡されたことに関連し、刑期を半分の2年に短縮する方針を明らかにした。政変で全権を掌握したミンアウンフライン国軍総司令官が減刑を決めた。刑務所には収監せず、首都ネピドーの政府施設での軟禁を継続するという。

6日に判決が出たのは、公衆の不安をあおる言論活動を禁じる刑法違反と、新型コロナウイルスの感染防止策に違反したとされる自然災害管理法違反。スーチー氏はいずれも有罪となり、それぞれの罪で2年の禁錮刑を言い渡されていた。

スーチー氏が率いた国民民主連盟(NLD)政権で大統領を務めたウィンミン氏も同様の罪状で合計で禁錮4年の判決が下されたが、同氏の刑期も2年に短縮するという。

国軍は、市民や国際社会の反発を懸念し、配慮する姿勢をアピールする狙いとみられる。ただスーチー氏は汚職防止法違反など多数の罪で刑事訴追されており、政界への復帰は絶望視されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン