/

この記事は会員限定です

文在寅氏が営む喧騒の田舎暮らし 与党が伸ばす追及の手

ソウル支局長 恩地洋介

[有料会員限定]

5月に退任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は「平凡に生きていきたい」と望み、南部の釜山に近い農村に居を構えた。ところが、平和だった集落では政治団体がデモを繰り広げ、政界では与党が前政権の不正追及へ攻勢を強め始めた。政治と距離を置こうとしたものの、保革勢力の激しい政治対立から逃れきれずにいる。

7月1日、慶尚南道の梁山(ヤンサン)にある文氏の自宅周辺は喧騒(けんそう)に包まれていた。家の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン