/

中国の広州汽車、航続距離1000キロ超のEV発売

【広州=川上尚志】中国国有自動車大手の広州汽車集団は5日、1回の充電による航続距離が1000キロメートルを超える電気自動車(EV)を発売した。量産車で「世界最長」の航続距離だという。消費者がEVに対して抱く距離への不安を軽減できるとアピールし販売拡大を目指す。

5日から独自ブランド「AION」で多目的スポーツ車(SUV)の新車種「LX Plus」の販売を始めた。航続距離が中国独自のCLTC基準で1008キロとなる最上級車の価格は45万9600元(約840万円)。独自に開発した「スポンジシリコン」と呼ぶ材料の技術で電池のエネルギー密度を高めたという。

中国では広州汽車のほかにも航続距離の長さにこだわったEVが相次いで登場している。新興EVメーカーの上海蔚来汽車(NIO)も航続距離が1000キロ(CLTC基準)の「ET7」の受注を進めており、3月下旬から引き渡しを始める予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン