/

韓国軍「戦略司令部」創設へ 陸海空一体で北朝鮮に対抗

【ソウル=甲原潤之介】韓国国防省は6日、北朝鮮への打撃力向上を目指して韓国軍に「戦略司令部」を創設すると発表した。陸軍、海軍、空軍がそれぞれ持つ戦略兵器を一体で運用できるようにし、迎撃や反撃などの能力を高める。北朝鮮の核・ミサイル開発状況を踏まえ、抑止力を強化する。

韓国の聯合ニュースによると2024年をめどに立ち上げる。対地攻撃に使う弾道ミサイルや迎撃用のミサイル、最新鋭ステルス戦闘機F35A、偵察衛星などを総合的に指揮する組織になるとみられる。

韓国は北朝鮮によるミサイル攻撃に対し3段階の作戦を持つ。①相手の発射兆候を捉えて先制打撃する「キルチェーン」②発射された後に空中で迎撃するミサイル防衛③攻撃を受けた後の大量反撃報復――だ。「3軸体系」と呼び、北朝鮮抑止の中核に位置づけている。

弾道ミサイルやF35戦闘機などはこうした作戦を実行に移すために必要な兵器になる。現在は地対地ミサイルは陸軍、戦闘機は空軍などと指揮系統が分かれている。合同参謀本部が立てた作戦に基づき、陸海空の各軍が部隊に指示して兵器を動かす。

戦略司令部ができると、陸海空の垣根を越えて様々な兵器を動かせるようになる。ミサイルと戦闘機、潜水艦などを組み合わせた複合的な作戦がより円滑に実施できる。

国防省が6日に開いた全軍主要指揮官会議で議論した。尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が主宰し、李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防相や制服組トップの金承謙(キム・スンギョム)合同参謀本部議長、陸海空軍や大統領府国家安保室の幹部が参加した。

尹氏は会議で「安全保障の不確実性がいつにも増して高まっている。国益を守るために強力な国防力で支えなければならない」と語った。

北朝鮮は22年の前半だけで少なくとも28発のミサイルを発射し、すでに年間の過去最多になった。7回目の核実験も準備しているとみられる。韓国で5月に発足した尹政権は北朝鮮との融和を重視した文在寅(ムン・ジェイン)前政権の安保政策の転換を図る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン