/

この記事は会員限定です

フィリピン新興財閥ウデンナ、通信寡占に風穴

1年弱で契約500万件 政権と蜜月で急成長

[有料会員限定]

フィリピンの新興財閥ウデンナ・グループが事業領域を広げて躍進している。大手2社が寡占していた携帯通信事業に新規参入し、1年足らずでフィリピンの総人口の約5%にあたる約500万件の契約を獲得した。エネルギー事業では同国唯一の天然ガス田の権益も取得した。一方、ドゥテルテ大統領との関係の近さに対する批判も出ており、「政商」のイメージ払拭も課題となる。

「我々の通信ネットワークを短期間で急速に普及させる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン