/

この記事は会員限定です

シンガポール、外資の投資縮小の懸念が浮上

国際課税の大枠合意が影響

[有料会員限定]

税制優遇措置によって、多くの多国籍企業を呼び込んできたシンガポールに試練が訪れている。経済協力開発機構(OECD)加盟国を含む約130カ国・地域が新たな国際課税の枠組みで大枠合意し、シンガポールの優位性が薄れる懸念が出ているためだ。競争力を維持するには、透明な法制度や充実した都市インフラなど他の利点を一層磨く必要がある。

「最低法人税率の対象となる年間売上高7.5億ユーロ(約980億円)以上の多国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン