/

この記事は会員限定です

米中角逐、カギ握るTSMC 「技術リードは圧倒的」

[有料会員限定]

【台北=中村裕】米中対立を軸に半導体競争が激しさを増している。従来の企業間競争とは異なり、国家間競争に発展してきたのが今の特徴だ。特に米国は台湾との連携を急ぐ。焦点になるのが、やはり世界をリードする台湾積体電路製造(TSMC)の動きだ。

台湾新竹市にあるTSMC本社では今、米アリゾナ州の新工場の建設準備が急ピッチで進み始めた。社内では1000人にも上る米国赴任者を募集する案内がかかり、総投資額12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン