/

一帯一路とは 中国と欧州つなぐ広域経済圏構想

きょうのことば

(更新)

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が2013年に提唱した、中国と欧州をつなぐ広域経済圏構想。かつての交易路シルクロードに沿ったもので、重要な国家戦略でもある。中国から中央アジアを経由して欧州へと陸路で続く「シルクロード経済ベルト」を「一帯」、南シナ海からインド洋を通り欧州に続く「21世紀の海上シルクロード」を「一路」と呼んでいる。インフラ投資などを通じて中国と沿線の国の経済を発展させる一方、親中国圏を広げようとする狙いがあるとされる。

中国政府は一帯一路構想を資金面で支える政府系ファンド「シルクロード基金」を設立。関係国がインフラ整備に向けて資金を確保できるよう、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立も主導した。AIIBの加盟国・地域は100を超える。

一帯一路の一環には、中国とラオスを結ぶ高速鉄道の建設や大規模インフラ整備事業「中国・パキスタン経済回廊(CPEC)」などがある。各国・地域には中国や同国市場と連携することで自国経済を発展させようとする狙いがある。一方で国際援助を受けたことで債権国から外交などで圧力を受ける、いわゆる「債務のワナ」に陥る懸念も指摘されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン