/

この記事は会員限定です

習氏を待つ「独裁のワナ」 狭まる世界の予見性

中国共産党、6中全会で第3の「歴史決議」採択

[有料会員限定]

「歴史は勝者がつくる」というが、11日に中国で新たな歴史が紡がれた。中国共産党は毛沢東、鄧小平の時代に続く第3の歴史決議を採択し、習近平(シー・ジンピン)党総書記(国家主席)は新時代をも担い続ける唯一無二の指導者になろうとしている。

100年分の歴史決議の概要でほぼ半分を占めた習氏に関する記述は輝かしい賛美であふれていた。これが中国にとって未来も変わらぬ真実の歴史となるかはわからないが、習氏の権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン