/

米、台湾にワクチン75万回分の提供表明

think!多様な観点からニュースを考える
蔡英文総統は6日、米上院議員と会談し、ワクチン提供に謝意を示した(台北市)=総統府提供

【台北=中村裕】米上院の超党派でつくる議員団は6日早朝、台湾を訪問し、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と会談した。台湾で新型コロナウイルスのワクチンが不足するなか、米国側は75万回分のワクチン提供を表明した。

蔡氏は会談で謝意を示し、「(ワクチン提供は)感染との戦いに大きな助けになった。台米の協力関係がさらに向上することを期待する」などと語った。

米国は3日、台湾などアジアに700万回分のワクチンを提供すると発表していた。今回も、具体的な提供時期やワクチンの種類は明らかにしなかった。

4日には日本から124万回分のワクチンが台湾に到着したばかり。ただ、確保できたワクチンは依然、全人口2360万人の1割に満たない。接種率も2%程度にとどまる。台湾はワクチン調達を中国が妨害していると主張している。

議員団の一人のタミー・ダックワース上院議員(民主党)は、記者団に「新型コロナとの戦いは政治的な力に左右されるべきではない」と話した。

台湾の呉釗燮・外交部長(外相)も「台湾はワクチン確保に最善を尽くしており、中国に妨害されないように困難を克服する」と述べた。

議員団には、上院議員で元国務次官補のダン・サリバン氏(共和党)、クリス・クーンズ氏(民主党)も参加した。一行は韓国を訪問後、専用機で訪台した。台北市の空軍基地内で蔡氏と会談し、3時間の滞在で台湾を離れた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン