/

この記事は会員限定です

「恒大危機」警戒なお 低格付け債利回り、12年ぶり水準

[有料会員限定]

中国恒大集団の経営危機に端を発する問題への市場の警戒が続いている。不動産企業が中心の中国低格付け社債の利回りは12年ぶりの水準に高まった。恒大は2022年1月からの元本償還を控え、資金繰りは正念場を迎える。経済への深刻な打撃を回避すべく当局は不動産問題の軟着陸を探るが、住宅販売の落ち込みが続いており容易ではない。

恒大は11日(日本時間12日)、10月12日に社債の利払いを見送った分の猶予期限を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン