/

北朝鮮「ペロシは国際平和の破壊者」 外務省が談話

【ソウル=甲原潤之介】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、台湾を訪問したペロシ米下院議長を非難する外務省報道局長の談話を伝えた。「中国人民の怒りを買った国際平和と安定の最大の破壊者であるペロシが朝鮮半島で無事でいられると考えたなら、それは誤算だ」と強調した。

韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)を訪れたことについては「米政府の敵視政策を表した」と言及した。「南朝鮮(韓国)の保守政権を同族対決に追い込み、朝鮮半島の情勢を一層激化させている」と主張した。

ペロシ氏が4月にウクライナに訪問したことにも触れ「反ロシアの対決ムードを高めた」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン