/

ヨルダン前皇太子、国王に「忠誠」文書に署名

ヨルダンのハムザ王子(2004年、アンマン)=ロイター

【カイロ=共同】中東ヨルダンで国家の不安定化を企てたとして捜査を受けた前皇太子のハムザ王子が5日、アブドラ国王に忠誠を誓う文書に署名した。王宮府が発表した。文書は「国王の手中に身を置く」と記している。

王室との決裂を回避した形だが、ハムザ王子は軍の軟禁下に置かれていたとされ、真意は不明。署名に先立ち、軍の要求には「従わない」とする王子の音声が公開されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン