/

この記事は会員限定です

中国、国有企業重視一段と 米制裁対抗へ民営50社傘下に

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国が国有企業を重視する姿勢を強めている。5日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)での政府活動報告で「国有企業を発展させて民営企業を導く」との方針を示した。2020年に国有企業や政府系ファンドが民営上場企業50社近くの経営権を獲得し、存在感を強める。ただ中国経済をけん引してきた民営企業の活力が損なわれれば経済成長を下押しする恐れもある。

「(国有企業を中心とする)公有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン