/

この記事は会員限定です

中国、過剰債務企業を整理 6社の負債総額30兆円

海航集団など 党大会前に危機管理

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国が過剰債務企業の整理を急いでいる。政府が関与する主要6社の負債総額は1兆8000億元(約30兆円)にのぼり、複合企業の海航集団などは再建型の倒産手続きに入った。習近平(シー・ジンピン)指導部は2022年の共産党大会を前に、過剰債務問題が金融市場に波及して経済を混乱させる事態を未然に防ぐ狙いだ。

海南省の裁判所は3日、海航集団のグループ企業300社超が「破産重整」と呼ばれる手続き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン