/

北朝鮮「極超音速ミサイルを試射」 朝鮮中央通信 

(更新)

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、兵器の開発機関である国防科学院が音速の5倍以上の速さで飛ぶ「極超音速ミサイル」の発射実験を5日に実施したと報じた。「700キロメートル先の標的に誤差なく命中した」と主張した。極超音速型のミサイル発射実験は2021年9月に「火星8」を撃って以来2回目となる。

朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が掲載した写真には、ミサイルが移動式発射台から発射される様子が写っている。同通信はミサイルは発射後に分離され、弾頭部が「初期の発射方位角から目標方位角へ120キロメートル側面機動した」と伝えた。

ミサイルの「多段階滑空跳躍飛行」と弾頭部の安定的なコントロールを確認し、冬の気候条件下での燃料系統の信頼性を検証したとも報じた。発射には党の軍需工業部と国防科学院の幹部が立ち会った。金正恩(キム・ジョンウン)総書記を指すとみられる「党中央」は「試験発射の結果に大きな満足を示した」という。

韓国軍によると北朝鮮は5日午前8時10分ごろ、ミサイル1発を内陸部の慈江道(チャガンド)から日本海に向けて発射した。日本の防衛省は、通常の軌道であれば約500キロメートル飛行したと分析していた。

岸信夫防衛相は6日、北朝鮮が5日発射したミサイルが「発射されたことのない新型の弾道ミサイル」だったとの見方を示した。最高高度50キロメートル程度の低い軌道を飛んだとの分析結果を説明した。国連安全保障理事会決議に違反するとして非難した。防衛省で記者団に語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン