/

この記事は会員限定です

中国新興と不二越、PCR検査一部自動化 感染リスク低減 

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国医療スタートアップの上海藍沙生物科技(上海市)と不二越は、新型コロナウイルスのPCR検査の一部工程を自動処理する機器を共同開発した。手作業を排し、検査員が検体から感染するリスクを排除できる。2022年2月にも中国政府から医療機器の認可を得る見通し。その後日本でも認可を申請し、販売を目指す。

共同開発したのはPCR検査の検体を自動抽出する機器。密閉した機器の中でロボット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン