/

NZ、豪との隔離なしの往来を19日に再開

豪州からの渡航者受け入れを発表するアーダーン首相(6日、ウェリントン)=AP

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は6日記者会見し、19日より隣国オーストラリアからの渡航者を隔離なしで受け入れると発表した。すでに豪州側はほとんどの地域でNZから隔離なしでの入国を認めている。今回のNZの決定で、実質的な往来再開となる。

豪州とNZは新型コロナウイルスを受け、2020年3月に外国人の入国を原則として禁止した。

アーダーン氏は「過去1年間ウイルスの封じ込めを行ってきた我々の成功が、今回の往来再開につながった」と述べた。豪州からNZに隔離なしで渡航する際は、過去14日間にコロナ検査で陽性反応が出ていないことなどが条件となる。感染拡大が起きた場合は中止も検討する。

すでに豪州側は20年10月に最大都市シドニーがあるニューサウスウェールズ(NSW)州などがNZから隔離なしで渡航者を受け入れると決め、ほとんどの州・準州が同様の措置をとっている。一方NZ側は感染拡大防止のため、慎重な姿勢を維持してきた。

両国とも外出規制や外国人入国禁止措置により、ウイルスの感染拡大を比較的抑えてきた。人口2500万人の豪州でこれまでの感染者は約2万9千人、同500万人のNZでは約2500人(疑い事例含む)だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン