/

アジア新興国、22年インフレ率3.7%に上方修正

【マニラ=志賀優一】アジア開発銀行は6日、2022年のアジア新興国のインフレ率が3.7%になる見通しだと発表した。21年12月時点の前回予想(2.7%)から1ポイント上方修正した。食品などの価格上昇の継続や、ロシアによるウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の高騰が背景だ。

アジア新興国はアジア太平洋地域の46カ国・地域を指し、中国やインド、東南アジア各国などを含む。20年に3.2%だったインフレ率は、21年に2.5%に下がったが、22年は再び上昇することを見込む。

東南アジアは3.7%と前回予想から1.2ポイント上方修正した。国別ではフィリピンが4.2%、インドネシアが3.6%、タイが3.3%となる見通しだ。いずれの国も前回予想から上方修正となった。クーデターで国軍が全権を掌握したミャンマーは22年に8%、23年に8.5%と高止まりする見通しだ。

ロシアによるウクライナ侵攻で世界的にエネルギー価格が上昇しており、「多くの国が依然として新型コロナウイルスと格闘しているアジア新興国の経済に課題が増えることになる」とした。

アジア新興国の22年の国内総生産(GDP)の前年比伸び率は5.2%を見込む。新型コロナのワクチン接種が進み内需や輸出が堅調に回復する見通しだが、ロシア侵攻の影響がどこまでアジアに波及するかが懸念材料となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン