/

香港、米英などから乗り入れ禁止 コロナ対策厳しく

【香港=木原雄士】香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日、8日から米国や英国など8カ国から航空機の乗り入れを禁止すると発表した。午後6時以降の外食も禁止し、テーマパークやバーも閉鎖する。新型コロナウイルスの対策を厳しくして、変異型「オミクロン型」の拡大を防ぐ。

香港は市中感染がほぼ収束していたが、感染源不明の感染者が確認されたため警戒モードを高める。航空機の乗り入れを14日間禁止するのは米英とオーストラリア、カナダ、フランス、インド、パキスタン、フィリピンの8カ国。香港発着のクルーズツアーも中止する。

香港は中国本土との往来再開を優先して、コロナを完全に封じ込める「ゼロコロナ」政策を採る。ただ、往来規制緩和のメドは立っていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン