/

KDDI、通信障害の全面復旧発表 補償を「早急に検討」

KDDIは5日、大規模な通信障害が全面復旧したと発表した。同日午後6時から記者会見した吉村和幸専務は「長期にわたり多大な迷惑をかけたことをおわびする」と改めて陳謝した。全面復旧を受け、利用者の補償について「影響範囲を確認し、社内で早急に検討する」と話した。

KDDIによると今回の大規模障害に関する利用者からの問い合わせは、7月5日13時時点で9万6723件あった。吉村専務は現在も不具合が続いている端末について「再起動すれば解消される」としている。ただ、現在でも不具合がゼロにはなっていないとし、引き続き再起動を呼びかけていく。

今後は詳細な原因究明と再発防止策、大規模障害時の利用者への周知のあり方を検討し、後日公表するという。

KDDIは4日午後に接続制限を全面的に解除し、音声通話・データ通信が「全国的にほぼ回復している」としていた。ただ「ネットワークの状態監視、個人・法人のお客様のサービスの利用状況を引き続き確認し、最終的な復旧の判断としたい」(吉村専務)としており、通話や通信量が前週と同水準になったことを確認した5日午後3時36分に全面復旧を宣言した。障害発生から86時間という異例の長時間となった。

通信障害は2日未明に発生した。通信網内の設備を定期交換する際に不具合が発生。その後、複数のトラブルが連鎖的に起き全国で通信障害が続いた。復旧作業は3日午後5時半ごろに全国で終えたが、アクセスの集中を避けるために接続制限を実施していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン