/

この記事は会員限定です

「李・朴元大統領に赦免を」 与党代表発言に広がる波紋

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

2021年、韓国は「政治の季節」を迎える。4月に22年3月の大統領選の前哨戦となるソウル・釜山両市の市長補選があり、今秋には与野党が大統領候補を選出する。そんな一年の元旦、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表が収監中の前職大統領、李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)両氏の赦免を提言。韓国政界に大きな波紋を広げている。

「適切な時期に2人の前職大統領の赦免を文在寅(ムン・ジェイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン