/

ASEAN首脳会議、インドネシア開催を調整へ

ミャンマー問題協議へ

ASEAN議長国のブルネイのボルキア国王は、首脳会議開催に向けた調整を急いでいる=ロイター

【シンガポール=中野貴司】東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のブルネイのボルキア国王とマレーシアのムヒディン首相は5日までにブルネイで会談し、ミャンマー問題を協議するASEAN首脳会議を早期に開催すべきだとの考えで一致した。両氏は関係閣僚にジャカルタのASEAN事務局を開催場所として、準備を加速するよう指示した。

会談後に公表した共同声明によると、両氏はミャンマーで死者が増え続けていることに「深刻な懸念」を表明。「ASEANは建設的かつ平和にミャンマーを支援する用意がある」として、首脳会議を加盟国が事態の打開策を協議する場として位置づけた。タイのドーン外相は首脳会議が4月に実現するとの見通しを示しており、今後月内の開催へ向けた調整を本格化する。

ブルネイとマレーシアは、シンガポールやインドネシアと共にミャンマーの事態改善のため、ASEANが積極的に役割を果たすべきだとの立場を取る。ブルネイのボルキア国王は3月にシンガポールのバラクリシュナン外相と、マレーシアのムヒディン首相は2月にインドネシアのジョコ大統領ともそれぞれ会談し、ミャンマーへの支援策を協議した。ただ、タイやカンボジアなどは両国ほどミャンマー問題への関与に積極的ではなく、ASEANが首脳会議の開催にこぎつけ、統一したメッセージを打ち出せるかが焦点となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン