/

この記事は会員限定です

中国外相、アフリカ5カ国訪問

バイデン米次期政権の「人権外交」に対抗

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は4日から9日までの日程でアフリカ5カ国を訪問する。1月20日に民主党のバイデン前米副大統領が大統領に就任する前にアフリカの中国支持を固め、「人権外交」を打ち出すバイデン次期大統領の「中国包囲網」に対抗する狙いがありそうだ。

中国の外相は1991年以降、毎年最初の訪問先にアフリカを選んできた。王氏は今回ナイジェリア、コンゴ民主共和国、ボツワナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン