/

インドサットとトリが正式合併、インドネシア携帯大手

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアの携帯電話の契約件数で2位のインドサット・オレドーと4位のハチソン3インドネシア(トリ)が4日付で正式に合併した。インドサットの親会社であるカタール通信大手オレドーと、トリの親会社で香港複合企業の長江和記実業(CKハチソンホールディングス)が同日、それぞれ発表した。

新会社の社名は「インドサット・オレドー・ハチソン」。オレドーとCKハチソンホールディングスが共同で65.6%、インドネシア政府が9.6%の株式を保有する。

2021年4~6月期時点の契約件数は単純合計で1億400万件となり、国営通信テルコム・インドネシアの子会社で首位のテルコムセル(1億6900万件)を追い上げる。年間売上高は30億ドル(約3400億円)を見込んでいる。

新会社は声明で「合併でコスト効率を高め、国内での高速通信規格『5G』の展開を含む技術革新を推進する」と強調した。5G投資の資金を確保するため、インドネシアでは通信業界の再編機運が高まっており、他社が追随する可能性もある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン